株式会社 愛和

オーナーインタビューINTERVIEW

オーナーインタビュー

CASE.01

Mオーナー

会社員・福岡県在住 / 30代 物件:福岡市・筑紫野市
M様のご契約経緯
2014年2月最初の問い合わせ、ご来社
2014年3月1棟目 契約を決断
2014年5月1棟目 物件紹介
2014年6月1棟目 契約
2014年12月1棟目 引渡し(A銀行:頭金700万円、借入4,000万円)
2015年3月1棟目 はじめての退去者。
その後、すぐに満室

2015年のキャッシュフロー 約180万円

2016年4月2棟目 契約
2016年8月2棟目 引渡し(B銀行:頭金400万円、借入7,800万円)

2016年のキャッシュフロー 約200万円

2017年12月3棟目 契約希望の旨連絡

2017年のキャッシュフロー 約280万円

2018年2月法人設立
2018年7月3棟目 個人で契約
2018年8月法人決算(売上460万円、営業利益+3万円)
2018年12月4棟目 法人で契約

2018年のキャッシュフロー 約260万円

2019年1月3棟目 引渡し(C銀行:頭金260万円、借入6,870万円)
2019年7月4棟目 引渡し(D銀行:頭金390万円、借入6,400万円)

2019年のキャッシュフロー(予想)約450万円

2020年のキャッシュフロー
(前年もとに予想)約500万円

もっと見る

不動産投資は「怖い」から「もっと早くやればよかった」へ
年間500万円のキャッシュフローで人生が変わった

「不動産投資って、本当に大丈夫?」最初は誰もがそう思います。福岡県在住のオーナM様も、当初は
「不動産投資は怖い」と思っていました。でも現在では、年間キャッシュフローが500万円となり、
「人生が変わった!」と言います。M様の人生がなぜ、どのように変わったのか。詳しく伺いました。

「将来のためにお金を」投資信託でうまくいかず…

私は不動産投資を始める前から、将来のためにもお金がほしいと思い、投資信託などをやっていました。

きっかけは、大学生の頃にたまたま聞いたラジオのニュースの中で、ある会社の株価がドンと一気に何倍にも跳ね上がったことを知ったからです。「もし、あの時にあの会社の株を持っていたら、自分のお金が3~4倍になっていたはずだ!」と思い、私の中に強烈な印象として残りました。だから、学生の頃から「投資はおもしろそうだ。株で儲けたい!」と思っていました。

その後、社会人になり、「株で儲けたい!」という思いを実現させるため、投資のための貯蓄をしました。あくまでも投資のためで、貯蓄そのものを目的にお金を貯めたことはありません。投資や株などについては、私の家族や勤務先などには話せる相手がいませんが、中学時代の友人に恵まれ、彼らから情報をいろいろ教えてもらいました。

友人たちと情報交換しながら、投資信託などを5年くらいやったのですが、なかなかうまくいかなかった。そこで、いろいろ調べた結果、「不動産投資かな」と思いました。当初は不動産投資の中でも、ワンルームマンションなどの区分所有投資にしようと考えていました。自己資金が約700万円あったので、「区分なら購入できるな」と思ったからです。

その頃、友人が「愛和」の阿部浩二社長の著作「衝撃!誰も教えない不動産投資のウラ側」を読むようにすすめてくれました。私はすぐにこの本を購入し、5~6回繰り返し読みました。本の内容に納得した上、著者が福岡の会社社長だというので、「これはいいな。でも、本には書いていないことがあるはずだ」と思い、すぐに愛和に問い合わせをしたんです。

阿部社長の本読み来社。話を聞いても「不動産投資は怖い」

問い合わせ後、来社して詳しく話を聞きましたが、不動産投資は「怖い」と思いました。一番の不安は、やはり借金です。

私の目標は、サラリーマンを引退すること。それまで投資などをやってきたのも、サラリーマンを辞めることが目的です。私は来社時に阿部社長から「まず、いくらあれば将来の夢がかなうか考えてください。おそらく、それは現在の自分の年収でしょう」と言われました。

そして計画を立ててみると、サラリーマンとして仕事をせずに、今の生活がそのままできるようにするには、5~6棟は必要だとイメージできました。そうすれば、仕事をしなくとも、自分の好きなことをして、現在の生活が維持できるようになる。そのイメージはできましたが、やはり借金は怖い。

でも、阿部社長の言葉が、私の背中を押しました。「日本人は、借金をすると『自分で全部返さなくては』と一生懸命になり、視野が狭くなる。それがよくない。不動産投資の借金は、自分で返すわけではなく、部屋を借りた入居者が返してくれる仕組みになっている」と。ただ、その当時には納得感はなく、「本当に大丈夫なのかな?」と思いました。

1棟目の契約を決意「この金額なら自分でも返せる」

それでも、来社から1週間も経たないうちに、私は契約することを決心しました。一番の理由は、1棟目の借入額が4,000万円だったので「この金額なら、何かあっても自分でも返せるな」と思ったからです。

1棟目の物件は6部屋、家賃は共益費込みで5万円。頭金は700万円で、返済額は毎月約15万円。これなら、マイホームを購入する金額に近いし、空室があったとしても入居者はゼロにはならないはずだから、全額を自分で返す事態にはならないだろうと思いました。

こうして、いろいろ考えた末に「やってみなければわからない。最悪の事態になったら、その時に考えよう」と決心しました。もし、この時の借入額が8,000万円だったら、契約はしていないと思います。

2棟目購入し、不安から納得へ「人生が変わった!」

2014年6月に1棟目を契約。その後、自分の物件に入る入居者募集時には、「本当に全室入居するのかな…」と不安でドキドキしていました。でも、どんどん入居者が決まり、ありがたかったです。

同年12月に、初めて家賃収入が入りました。うれしかったですね。ところが、翌年3月に退去者が出てしまった。これにはとても驚きましたが、入居者があまりにも短期間で退去したので、違約金を支払ってもらいました。また、空室になった部屋は、すぐに別の入居者が決まり、ホッとしました。

こうして初めての物件で、入退去はあったものの、ほとんど途切れなく入居者がいて、安定した家賃収入を得られるようになりました。家賃収入から経費やローン返済などを引いても、2015年のキャッシュフローが約180万円。愛和の不動産管理に対する安心感が生まれ、阿部社長が言っていた「借金は入居者が返してくれる」という言葉にも納得。もう不安はほとんどなく、「これは2棟目もいくしかない!」と決断したのです。

2棟目を2016年4月に契約したのは、「銀行にローンを組みやすい商品が登場した」という情報を、愛和の担当者から聞いたからです。頭金は約400万円、借入額は7,800万円。もし、この金額が1棟目なら、契約していなかったと思います。

2棟目を購入後の2016年のキャッシュフローは約200万円。お金がうまく回り始めたので、勤務先での給与アップを考えなくてもよくなり、気持ちにも余裕が。この頃から「人生が変わった!」と思うようになりました。

魅力的な物件、途切れない入居者。CFが500万円に

2018年7月、3棟目を個人名義で契約。頭金260万円、借入額は6,870万円です。それ以前の同年2月、保証人についての問題を回避するため、法人を設立。法人は、個人で購入した2棟をサブリースする方法で売上を上げます。同年8月の決算では、売上が460万円、営業利益は3万円の黒字でした。法人をつくってサブリースする方式は、保証人を立てなくともいいようにと、愛和から提案された方法です。

2018年12月、4棟目を法人で契約。2018年には2棟購入しましたが、キャッシュフローは約260万円ありました。現在の4棟で2019年のキャッシュフローは約450万円(予想)。満額の収入が得られるようになる2020年にはキャッシュフローが約500万円(前年もとに予想)になります。3棟目、4棟目と短期間に2棟購入したので、現在は頭金を貯めています。目標額は約400万円、1年後くらいに次の物件を購入したいです。

5棟目を購入すれば、キャッシュフローは年間で約650万円になる計算。自分がもうひとりいるような年収になります。数年後に家賃が下がることを考えると、物件は全部で6~7棟は欲しいですね。

購入物件は全て、愛和の担当者から提案された段階で、自分で足を運んで見に行っています。愛和の物件は、自分でも住みたいと思うくらいとても魅力的です。いい物件がそろっているというのを、私自身も見て知っていたので、投資してもいいと思いました。

さらに「愛和でよかった」と思うのは、入居者が途切れないことですね。入居者募集時、オーナーである私は、広告費として家賃の2か月分を愛和に支払っています。これは空室をつくらないためには、納得のいく費用です。愛和の担当者は、いろいろな相談にのってくれるし、物件の管理も全て任せることができるので、安心です。

着実な家賃収入に「もっと早くやればよかった!」

不動産投資は、投資信託などのように「当たれば大金が手に入るかもしれない」というワクワク感はないですが、着実に家賃収入が入る安心感があります。毎月、ローンの引き落としの日は悲しいけれど、家賃が入る日は楽しい。私は預金通帳を握りしめて、4つの銀行に通うのが楽しみです。

私は「早くサラリーマンを辞めたい」と思って投資を始めました。でも、サラリーマンでなければ借入はできませんから、今では「サラリーマンでよかった」と思っていますし、何よりも「もっと早く不動産投資をやればよかった!」と思っています。不動産投資で生活していけるので、サラリーマンを辞めたら、空いた時間で何をしようかと、今から考えています。最初の一歩を踏み出したおかげで、人生が変わりました。

おそらく多くの人は、お金に関する本を読んだり、セミナーを聞いたりして、「将来はこうなりたい」「このくらいの金額があれば、夢がかなう」というイメージを描くと思います。でも、そこから一歩踏み出せるかどうか。投資はお金がかかることなので、手持ちの資金を貯めて「契約する」と決断できるかどうかで、人生が変わります。

CASE.02

Kオーナー

会社員・福岡県在住/30代 物件:福岡市
K様のご契約経緯
2011年4月頃お金のセミナー受講開始。この中で不動産投資について知る
2012年8月頃初めて愛和本社へ来社
2012年10月頃1棟目ご契約
2017年8月自宅を購入(大手住宅メーカー)
2018年1月Aさんご紹介
2018年4月頃Bさんご紹介
2018年5月頃Cさんご紹介

もっと見る

「人生を自分で変えたいならやればいい」
投資の知識や実行力見極め、同僚3人を紹介

福岡県在住で愛和の物件を1棟所有しているオーナー、K様(30代・男性・会社員・年収700万円)は、当社にお客様を3人紹介してくださいました。「職場ではあまり投資の話をしない」というオーナーが多い中、どのように不動産投資の話をして、なぜ当社へ紹介してくれたのか、詳しく伺いました。

FXや投資信託で運用するも、リーマンショックや景気の悪化で…

私は社会人になった時、お金や資産運用に興味を持つようになりました。当時、昼食時にたまたま見たテレビで「主婦がデイトレードで稼ぐ」という内容を放送していて、「株をやればお金を稼げるのか」と思ったのが、とても印象に残っています。

それから、株や投資信託などについての本を買って読みました。当時は独身だったので、株や投資信託、金への投資など、毎月1万円くらいずつ、いろんなことをやりました。

それが4~5年続いた頃、FXが登場。結構稼げたので「これはすごい」と思い、どんどん進めたら、リーマンショックが起きて、利益が吹っ飛んでしまったんです。当時、FX以外に投資していたお金があったのは幸いでした。リスク分散させていたのはよかったと思います。

その後、景気が悪くなって、自分が持っていた投資信託なども全部下がり、マイナスに…。迷いましたが、2010年に結婚資金が必要になりで、泣く泣く売却しました。

気さくな阿部社長の話を聞き「不動産投資やってみたい」

「愛和」を知ったきっかけは、メルマガで知ったお金に関するセミナーです。2011年4月頃から受講し始め、どうすれば効率よくお金が稼げるのか、保険や投資の勉強もしました。そのセミナーの中で「日本の不動産投資」全般について講義をしてくれたのが、愛和の阿部社長でした。

実は、自分の人生を振り返ってみると時々、「不動産」というキーワードが登場するんです。最初は小学生の時に、友人のお父さんが不動産会社を経営していたこと。次に、大学生になって初めて部屋を借りた時、大家さんの家がとても大きかったこと。その次に引っ越した先でも、大家さんの家がものすごく大きかった。「不動産を持っていれば、こんなに裕福に生活できるんだな」と思いました。

そして社会人になってから、同じ職場の人が不動産を持っていたんです。その人は、生活のために働く必要はないけれど、時間があるからサラリーマンとして働いていると。そういうのを見てきたので「不動産はすごい」というのが、自分の心の中にはありました。

でも、どうすれば不動産投資を始められるのか、全くわかりませんでした。例えば、株ならば証券会社に口座を作り、お金を入れれば買うことができます。でも、不動産はそんなに簡単に買えるものではありませんからね。

セミナーで阿部社長の講義を聞いて「不動産投資をやってみたい」と思いました。愛和の本社が福岡にあるのを知ったのは講義を聞いた後ですが、愛和以外では不動産投資をやるつもりはなくて、他社は全く調べていません。社長の人柄が信用できたというのも、愛和にした理由です。通常は、社長という立場の人は近寄りがたいと思うんですが、阿部社長はすごく気さくな人なんですよ。

悩みや不安なく1棟目を購入。赤字なく安定した収入

2012年8月頃、初めて愛和本社に行きました。「不動産投資をやりたい」と思ってからは、悩みや不安はありませんでした。いろいろ話を聞いた私が思っているのは、空室が出たとしても、損益分岐点を下回らなければ赤字にはならないということです。愛和の平均入居率は97%以上なので、赤字にはならないと思いました。

2012年10月頃、阿部社長から連絡があり、「不動産投資やってみる?」と聞かれて、「やりたいです。」と答え、そのまま物件を見に行きました。そこから契約までは早かったですね。初めて自分の投資物件を契約する時も、不安や怖さはなかったです。

あれから7年くらい経ちますが、私の物件では現在まで、月単位でも赤字になったことはありません。収入がとても安定しているので、家族にとっては不動産投資に対するマイナスイメージは全くないと思います。

空室になった場合は、愛和から連絡が来るので「募集をお願いします」と言うだけです。すると、1~2か月後には「入居しました」という連絡が来ます。

私は将来、アメリカの不動産投資をやることも決めていて、自分の中では、ファーストステージは日本の不動産で、セカンドステージはアメリカの不動産という、ゲームのような感覚ですね。そのためにはまず、日本の不動産投資で稼ぐ目標額があります。その額は自分の年収くらいで、5棟購入したらクリアできる予想です。現在、1棟購入したので、あと4棟を10~15年以内には購入したいと考えています。

不動産のおかげで会社員年収以上の融資受け、自宅を購入

2017年8月に自宅を購入。子どもの学校のことなど、家族のことを考えた結果、自宅は賃貸ではなく、戸建てを購入することになりました。

実は私は、自宅を買うつもりは全くありませんでした。前述のように、私は日本の不動産投資で目標額をクリアしたいという想いがあります。だから、自分の家を買ってしまったら、2棟目、3棟目を買えなくなってしまうのではないか、と不安でした。

でも、銀行に相談したら「自宅を買う場合と投資物件を買う場合では、全く違う融資です。自宅を買ったからといって、投資物件を買えないということはないですよ」と教えてもらいました。むしろ、投資物件を持っていたから、自宅を購入できたのだと思います。

自宅購入時のローンも、投資物件と同じ銀行にお世話になりましたが、サラリーマンとしての年収だけでは通らないような金額のローンを組むことができました。私のサラリーマンの年収と、不動産による過去の収支を見て合算した上で、自宅のローンを組んだのだと思います。

「なぜそんなに収入が?」同僚から相談受け、愛和に紹介

私はこれまで、同僚など3人を愛和に紹介しました。ほとんどのオーナーが職場では投資の話をしないそうですが、私も職場ではほとんど不動産投資の話をしません。では、なぜ紹介したのかというと、彼らからお金の話をいろいろと相談されたからです。

私の職場の同僚たちは、ほとんどが夫婦共働きです。でも、私の妻は専業主婦なので、「なぜKさんは1人分の収入で生活できるんだろう?」と、同僚たちは不思議に思うようです。それで、彼らが相談に来るんです。

彼らが「何かやってるんですか?」と聞いてきても、私はしばらくの間、不動産投資の話はしないで、お茶を濁しています。1~2年くらいお茶を濁して、それでもしつこくいろいろ聞いてくる人に「実は…」と不動産投資の話をします。

また、誰にでも投資の話をするわけではありません。投資などの知識を持っていて、私の話を聞くだけではなく、話を聞いて「よし、やろう」と動く人でなければ話をしません。だから、実行力のある人かどうかを1~2年かけてよく見て、それから話をするんです。

最初に紹介したAさんを愛和に連れてきたのは、2018年1月。2人目のBさんは2018年4月頃、3人目のCさんは2018年5月頃に紹介しました。

このうちBさんとは、お金に関する話はよくしていました。ある時、彼から突然「悩みごとがあって相談したいんですけど…」と打ち明けられました。彼は、他社で不動産投資をやっていたのですが、どのように規模を拡大させればいいのかわからないというのです。そこで、愛和を紹介しました。

私は紹介する人には「いいことばかりは起こらない」と言っています。愛和に連れてきて、担当者からお金の流れの詳しい話を聞くと「年間150万円のキャッシュフローがある」などと言われるので、彼らはテンションが上がるんです。でも、私は「あの金額がそのまま入ると思ってはダメ。絶対に空室がでるから、予想金額の7~8割、100~120万円くらいかな」と、現実的な話をします。

たとえ失敗したとしても、不動産投資はあくまでも自己責任です。それが守れない人には紹介しません。実際に、私と同じ時期に不動産投資を始めて、うまくいかなくなった人もいます。リスクは必ずありますから、それを自分で背負えるのなら、不動産投資を始めてもいいのではないかと思います。

「人生を自分で変えたい」という強い気持ちと実行力が必要

私は不動産投資を紹介する際、「ぜひやった方がいい」ではなく、「これからの人生を自分で変えたいのなら、やればいい」と思っています。セミナーなどを受けても、その内容を実際にやってみる人はほんのわずかしかいない、ということをよく聞きます。私は「ほんのわずかしかいないのなら、そのほんのわずかのうちの1人になってやろう」と思います。これをやれば自分が変わるのならやる、という実行力が必要なんですよ。

人間には「オートパイロット機能」がついているそうです。飛行機でいえば、日本から海外の目的地まで自動操縦で行けるようなもので、ルートから外れれば、自動的に軌道修正します。人間にも同じような機能がついていて、日常生活を自動的に送れるようになっている。人生の途中で、投資セミナーのような内容を聞いて「うわ~、いいな!」と思っても、時間が経つと通常の生活に戻っていると。

だから、いい話を聞いて、その方向へ軌道を変更して進もうと思ったら、強制的に意地でも軌道を変えるしかないのだそうです。「もう、元の軌道には戻らないぞ」という強い気持ちがないと、自分は変えられないんです。

成功するまでには、失敗がたくさんあると思うんです。テレビのドキュメンタリー番組などで取り上げられる社長たちは、必ず大きな失敗をしています。でも、それを乗り越えてはい上がっている人が成功している。「自分を変えたい」と思ったら、失敗に打ち克つことができないとダメですよね。

30代で不動産投資を始めるのは早い方だそうですが、できるのならば、早く始めた方がいいと思います。不動産投資をこれから始めようとしている人に対しては、「不安に思うなら、やらない方がいい」と言いたいです。不安を払しょくしてでも「やってみたい」と思うかどうか。本気度が必要なんです。

日本では「お金の話」をあまりしないですよね。社会人になってひとり暮らしをしても、がんばれば100万円くらいは貯められると思うんです。それを多くの人は「銀行に貯金」という思考しかない。投資に回そうという気がない。その知識さえあればいいのに、知識がないのが最も大きな問題ではないかと思います。

私の親は投資などをしていなかったから、私自身はそういう教育を受けていません。今、私には小学生の子どもが2人いるんですが、子どもたちには絶対にお金の知識を教えます。もう少し大きくなったら、私が投資物件を買う契約時などに、一緒に連れて行くつもりです。子どもに教えるつもりなら、親が体験しておくべきだと思います。

CASE.03

Nオーナー

建築技術者/50代 物件:福岡市
Nさまのご契約経緯
2014年投資セミナーで阿部社長の講義を聞き、不動産投資について初めて知る
2015年7月1棟目(2階建て6ユニット)購入。自己資金700万円、借入5,000万円
2017年1月2棟目(2階建て6ユニット)購入。自己資金550万円、借入4,500万円

もっと見る

建築のプロも納得の不動産投資
「教えてくれた投資家にお礼を言いたい!」

福岡県に愛和の物件を2棟所有しているオーナー、N様(50代男性・会社員・年収750万円)。勤務する会社では建築技術者として働くN様が、なぜ不動産投資をやってみようと思われたのか、詳しく伺いました。

「金投資」で資産運用するも、世界情勢や為替が難しく…

もともと、投資などにはあまり興味がなかったのですが、ある時、「日本版401K(確定拠出年金)」が話題になったことがありました。個人として積み立てを行う確定拠出年金は、企業や加入者が毎月一定額の掛金を拠出して、自分で運用しますよね。この話が発展して、ポートフォリオ(現金、預金、株式、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧)を自分で作ることになりました。

自分の資産を運用するためには、何が一番いいんだろうと、いろいろ考えあぐねた結果、現物資産としての価値のある金投資をやりました。金の難しいところは、現物資産であるがゆえに価格が世界の景気情勢によって変動しますし、モノとしての需要によって変動します。また、金取り引きは《円》では行われないため、為替のことも勉強しなければなりませんでした。一気に幅広い知識が必要になりましたし、売買のタイミングも難しかったですね。それでも、金の取引は3~4年続けました。

その後、たまたま届いたメルマガで、投資に関する有料セミナーがあることを知りました。そのセミナーは、1年間という長いものでしたが、セミナーの主催者である現役の投資家の方の講義を受けまして、本当の投資の在り方が理解できたこと。そして、その後の投資に対する考え方にも多大な影響を受けました。その方の信念、志に触れることで、「おお、この人は本物だ!」と思ったことを覚えています。

このセミナーの中に「日本の不動産投資」というカテゴリーがあり、「愛和地所(当時)」の阿部社長の講義があったんです。一通り講義を受けた後で、不動産を購入する前提で自分の資金や資産などを公開し、シミュレーションする機会がありました。私はすでにローンを組んで自宅を購入していましたので、金融機関の審査が難しいのでは、と思っていました。でも、自分の年収などを考慮して不動産投資のシミュレーションをしてみると「(不動産投資が)できなくはなさそうだ」と思いました。

建築に携わるプロだから、阿部社長の話を聞き「不動産投資に納得」

私が不動産投資に心を動かされたのは、まず、自分が建築技術者として実務をこなしている中で、「なるほど。不動産投資とはそういうことか」という建物を投資対象とした切り口を理解する事で、いろいろなことが一気に理解できました。私たちの仕事は、建築主の方とやり取りをして、機能性を含めてどういう建物にするのかを決め、建てることです。建物ができて引渡しが終われば、建築主がその建物をどのように使うのかは、私たちがあまり関わらない部分です。なので私は、仕事として携わっている建築物を直接的に「利益を生む対象」として見たことがありませんでした。

でも、不動産投資は「目的にあった土地」に「建物を建てる」そして「建てた建物をどう使うか」ということ。だから、阿部社長の話を聞いて「なるほど。出来上がった建物は、こんな風に使われて事業になるのか」と、 とても新鮮に感じました。私がやっている建築は、不動産投資のうち「建物を建てる」という一部の部分を担っているんだな、とも気付かせてもらいました。

それから「建物を使った投資」は「建物を完成させること」とプロセスが似ていると感じています。建物の規模にもよりますが、頭の中では、設計図を読み込んだ時に、すでに建物が完成しているんです。ですから、頭のの中で完成している建物を具現化するのですが、完成形から、さかのぼっていきます。不動産投資も同じように、完成形(目標)からさかのぼって考えます。そういった考え方に抵抗がなかったですし、自分のスキルが生きるということに喜びを感じました。また、投資のゴールは、税金とともにありますので、そこからさかのぼって投資の選択肢を考えることにも、面白さを感じました。さらに、不動産投資をして本当に不労所得が増えることを、実際に自分でやってみて証明したいと思いました。不動産投資のことを誰かに教えるにしても、自分で経験しなければ説得力がないですからね。私を含め、多くの人は、生活するために働いていると思うのですが、私は生活するために為だけに働くのはやめたいな、という想いがありました。あと、まあこれは、一つ通過点としてですが、生活のために働かなくても、不労所得で生活できる状況になったら、セミナーなどで私にいろいろ教えてくれた投資家の方にお礼を言いたいんです。(もちろん、阿部社長さんもです(笑))そういうことが大きなモチベーションになっています。

愛和のホームページ見て親近感。でも「副業にあたるのでは?」

投資セミナーで阿部社長の講義を聞いたのは、約5年前。阿部社長の話を聞くまで、愛和地所(当時)さんのことは知りませんでした。不動産の投資会社にはいろいろあるそうですが、他社と比べたことはありません。セミナーを開いてくれた投資家さんを信頼していたので、愛和以外の選択肢は考えたことがありません。

阿部社長の講義を聞いて、初めて愛和のホームページを見たら、阿部社長がやりたいことと、私がやりたいこと、そして提供している建物がちゃんとリンクしていた。全てのことがひとつにつながっていて、一本、筋が通っていましたので、「これは間違いないな」と確信しました。

まず、木造アパートというのが、アパート経営における大きなポイントです。鉄骨やコンクリートを使うよりもリーズナブルにできるからです。それに、現在の日本の建物は鉄骨やコンクリートなどが主体になって、林業が廃れているので、文化的な意味で「木材を使うというのはいいな」と思いました。さらに木造であることは、私の父が大工だったので、私にとっても親近感がありました。

愛和さんで不動産投資をやると決めたものの、勤務している会社は副業禁止です。「不動産投資は副業になるのか?」ということが最も不安でした。会社の就業規則などを調べた結果、「雇い入れられるのはダメ」ということがわかりました。私の場合は、自分で不動産投資をするわけですから、副業にはあたりません。その結論にたどり着くまでに、とても悩みました。

規則としてはOKなのがわかりましたが、「税務関係などで会社から詮索されるのでは?」と心配でした。税については確定申告があるので、申告して収入があることがわかれば、住民税などの件で会社に通知がいきます。でも、阿部社長から「不動産投資には経費などがかかるので、そんなに大きな収入にはならない」と聞いていたので、安心しました。[儲け]と[利益]は違うので。実際に、現在に至るまで何の問題も起きていません。

1棟目契約時も不安なく、2棟目もタイミングよく購入

阿部社長の講義を受けてから約4か月後、初めて福岡の「愛和地所」(当時)本社へ行きました。その時には「不動産投資をやってみよう」と心に決めていたので、その場で物件を紹介されて、早速見に行きました。(まだ、前の建物が残っている状態でした。)私にとっては建物だけではなく、どういう立地条件に建てられるのかも大きなポイント。この物件は川の近くにあるのですが、その土地の近くに神社やお寺など昔からの建物があるところは、災害などが起きていないのだろうと予想できます。近所にはどういう人が住んでいるのか、近隣はきちんと管理されている土地なのかなど、物件の周囲がどういう状況なのかも確認しました。

1棟目(2階建て6ユニット)を購入する時は、自己資金が約700万円、借入が約5,000万円。自己資金は、給与から天引きされていた財形貯蓄を解約したお金と、自社の持ち株によるもの、それとそれまでの金への投資によるお金です。

契約する時には、特に不安はありませんでした。他のオーナーさんの場合には、数千万円という借入金額を見て不安になると聞きましたが、私の仕事は箱ものを作る建築なので、普段から数千万円という大きな金額に見慣れています。だから、お金の金額の大小で怖いと思ったことがないんです。ある意味、職業病なのかもしれません。(笑) 阿部社長の話を聞いて、自分の中で納得できたので、「あとは進むだけだ」と思いました。迷いはなかったですね。

1棟目の物件については、地鎮祭(安全祈願祭)をお願いしましたので、契約後、現地へ行きました。すでに、更地になっており、周囲の状況が確認できる状況でした。また、私が購入した物件を建ててくれる人たちの顔を見ることができたのも、よかったですね。

1棟目から約1年後、2棟目(2階建て6ユニット)を購入しました。早い時期から打診はしていたのですが、ある時「2棟目はどんな感じですか?」と愛和さんの担当の方に電話をしたら、すぐに物件を紹介されました。その電話から1週間後に決断し、2か月経たないうちに契約。とんとん拍子どころか、ぴったり納まったという感じで話が進みました。融資の審査も問題なく通りましたので、本当に急だったのですが、私にとってはタイミングが良かったです。

建物が出来上がった後の管理については、私はあまり気にしていません。入居者が入る時は入るし、入らない時は入らない。ただ、ちょっと意外だったのは、一度入居したら何年も住むのではなく、案外、入れ替わりがあるんだなということ。それが持ち家とは違う、新しい認識でした。私の物件では、早い人は半年くらいで退室しますが、すぐに募集をかけてもらっています。また、すぐに入居者が決まるので、アパートの稼働率は、ほぼ、 100%ですね。管理については、愛和さんとは電話やメールでやりとりしています。対応はみんな一生懸命で真面目にやってくれています。良い物件を紹介してもらって、親切丁寧に対応してもらっていますよ。おそらく長く事業をやっていると、ブレることもあると思いますが、私が最初にホームページを見た第一印象の通り、愛和さんには、ブレずに真っ直ぐ進んでほしいですね。

「やってよかった!」将来はアメリカの不動産投資も視野に

建築はどんな建物を建てるのか、最初に計画を立てますが、不動産投資も同じで計画が重要だと思っています。 私としては最終的にアメリカの不動産投資をやってみたいので、日本の不動産投資では、資金を貯めている途中です。私が目標とする不労所得は400~500万円なので、日本ではあと2棟くらい欲しいですね。

物件を購入するのはタイミングが大事です。また、そのタイミングは「神のみぞ知る」です。不動産投資は、いろんな場面で、自分なりの判断基準をつけて「いくぞ」と決断しなくてはなりません。いつ、そのタイミングが来てもいいように、自分が準備しておくという感じです。

これから行いたいと思っているアメリカの不動産投資をする時に障害になると感じていることは、自分がサラリーマンの状態では難しいと思っていること。それは所有する棟数が増えるにつれて、法人化は避けては通れません。ただ、融資審査のためにはサラリーマンであった方がいいという思いもあるので、葛藤はありますね。まあ、不動産投資家として行うことになるんでしょうね。私は不動産事業を営む投資家としてスタートさせてもたったのですが、不動産投資については正解だったと思っています。会社では、どんなに仕事をしても、自分が思い描く見合った収入を得られるわけではありませんから。不動産投資による収入は、まだ自分の年収の3分の1くらいですが、それがあることによって、会社では精神的にラクになりました。そういう意味でも、不動産投資をやってよかったです。

将来の生活不安や引退後の収入の不安を、テレビ報道や新聞なので取沙汰されると、「不動産投資をやってみるといいよ」ということを、本当は兄弟、親類に伝えたいんです。でも、不動産投資に関して誤解を与えるような報道や噂話、さらには、いい加減な不動産会社が不動産投資というものを貶めている感があるので、なかなか話せません。信用されにくいというか・・・。それが、悩みの種ですかね。また、愛和さんとは定期的にイベントを開催してくれるので、担当者と投資に対する新しい考え方などの話をしています。そういう話ができる場があるのはいいですね。

あと、これから不動産投資をする人には「焦っちゃだめよ」と言いたいですね。投資に関心がある方は、「儲けたい」「お金がほしい」ということにダイレクトにつながっていると思うんです。でも、そこに直結してしまうと、計画がずれた時に「言ってることと違うじゃないか」ということになって、せっかくの決心が台無しになってしまいます。目先のことにあまりこだわらず、10年~20年という長期的な視点で見た方がいい。あまり焦ると、余裕がなくなって失敗します。それと100%の力で(投資を)行わないこと。できれば、50%の力でできることを選択してほしいですね。

CASE.04

Kオーナー

会社員/30代 物件:名古屋市・福岡市
Kさまのご契約経緯
2015年5月紹介者のY様と愛和本社へ初来社。Y様の契約に立ち会う
2015年7月愛和のセミナーに初参加
2016年2月2回目のセミナーに参加。1棟目の物件紹介
2016年3月1棟目契約
2016年11月1棟目引渡し
2017年6月内覧会へ来場。2棟目の相談
2018年3月愛和から新しい金融機関の提案
2018年4月金融機関の事前審査が通り、2棟目契約
2018年5月2棟目引渡し

もっと見る

不動産投資を始めて広がる人脈
性格も変わって家庭円満、会社の評価アップ

熊本在住で、愛和の物件を愛知県と福岡県に所有しているオーナーのK様。どんな投資にも全く興味がなかったというK様は、不動産投資を始めてから人脈が広がり、ご自分の性格も変わって、家族や会社での人間関係も良くなったそうです。その経緯について、詳しく伺いました。

「一生サラリーマンはイヤだな…」 その時の出会いから衝撃受けた

私は以前、投資には全く興味はありませんでした。苦労してようやく貯めた自分のお金を、リスクがあるものにかけるのはイヤだなと思っていたので、全て「元本保証」があるものにお金を入れていました。周囲にもそういう人が多かったです。

でも、勤務している会社の仕事がとても忙しく残業が多くて、ストレスなどから体調を崩していました。「こういう生活を一生続けるのかな…イヤだな…」と思っていました。転職も考えましたが、残業が少ないところへ転職しても、その分、給料は下がってしまいます。

そう思っている時に、不動産投資とは全く関係のない場所で、紹介者Aさんに出会いました。Aさんは公務員で、不動産オーナーでもあるというので、「そんなことができるのか!」と驚きました。公務員は絶対に副業禁止というイメージでしたから、「二足のわらじ」という生き方があることが衝撃でした。

Aさんが「今度、愛和に行くから一緒に来ればいいよ」と言ってくれたので、2015年5月に愛和へ行き、Aさんの契約に立ち会いました。その時にびっくりしたのは、数千万円という金額の契約がその場で交わされたことです。普通のサラリーマンなら、毎月数万円のこづかいがせいぜいで、それでも悩んでいるのに、数千万円の契約書を交わす世界があるんだと。そして「こういう世界に自分も入れるのなら、入ってみたい」と思いました。

自分が「このままでいいのか?」と悩んでいる時でなければ、不動産投資の話を聞いても、心は動かなかったと思うので、出会いのタイミングが良かったです。でも、まだこの時は「本当にやるか、やらないかは後で考えることにして、とりあえず話だけ聞いてみよう」と思い、セミナーを受けることにしました。

阿部社長の話に納得、身近な人の実績見て決心

2015年7月に、初めて愛和のセミナーに参加。その時もまだ「よし、やってみよう」とは思いませんでした。私は性格が慎重派なので、紹介者のAさんから何冊も本を借り、自分でもたくさん本を買って読みました。実際に不動産投資をやっている人の話も聞き、不動産投資に賛成派の本も反対派の本も読んで、本当にメリットがあるのかを精査しましたが、どうやって利益を出すのか納得できませんでした。

でも、セミナーで阿部社長の話を聞いて、愛和のコンセプトに納得しました。なぜ木造がいいのか、どういうところに人が集まって、どういう立地に建物を建てればいいのか。「だから利益が出るんですよ」という話が、とてもロジカルだったので、納得できたんです。

私は本などでいろんな不動産投資を勉強しましたが、初めて不動産投資をするなら、自分で業者を探すのは大変です。身近な人がきちんと結果を出していないと、一歩踏み出すのが難しい。私は紹介者Aさんの実績を見ていたので、愛和以外の不動産投資会社はあまり考えなかったですね。

物件を購入することは決めたものの、周囲に相談できないのがプレッシャーでした。私の周囲はほとんどがサラリーマンですから、不動産投資のようなことをしている人はいないんです。自分の両親にもなんとなく投資の話しはしたのですが、全否定でした。不動産投資のことをきちんと話したら、おそらく大反対だったでしょう。

でも、妻は理解してくれました。愛和の担当者に自宅へ来てもらって、妻と話してもらったんです。投資は内容も重要ですが、どこの誰と一緒にやっているのかが一番重要です。不動産投資は長いお付き合いになるので、「人対人」として、担当者の顔を見せてもらったのは良かったです。

不安なく1棟目を購入、2棟目も担当者と二人三脚で

2016年3月に1棟目を契約する時は、自分で考えに考え抜いた結果だったので、もう不安はありませんでした。もともとの性格が堅実なので、自己資金を500万円くらいは貯めていて、「このまま貯め続けて、将来は子どもたちのために使おう」と考えていました。このうち250万円くらいを1棟目の自己資金として使いました。

唯一、ハードルが高いと感じたのは、1棟目を購入した年の確定申告です。サラリーマンは年末調整があるくらいで、確定申告はやったことがありませんでしたから。最初は、何が経費で何に税金がかかるのか、全くわからなくて、短期間にいろんな本を読んで勉強しました。また、節税対策や減価償却費のことなど、愛和の担当者からアドバイスをもらいました。

2017年6月に2棟目を買おうと、担当者に相談しました。不動産投資をやってみて、利益がきちんと出ることがわかったのですが、1棟目が6部屋だったので、空室ができると収入が一気に減ります。部屋数が多い方がデメリットが少ないので、2棟目の購入を決めました。

その後、愛和の担当者と一緒に、融資してくれる銀行を探しましたが、すぐには見つかりませんでした。だから少し時間はかかりましたが、2018年4月、無事に2棟目を購入しました。

信頼できるから全てお任せ。3棟目も絶対ほしい!

1棟目の物件は愛知県名古屋市と遠かった(K様は熊本在住)ので、建物が完成した時、現地へ見に行きました。紹介者Aさんからは「2棟目や3棟目になると、物件を見に行くこともなくて、利益だけ入ってくるよ」と言われていて、「え?そうなの?」と驚きましたが、今は実際にそうなっています。

物件を購入する時に、素人の私が現地を見ても、利益が出る物件になるのかは判断できません。プロに任せて、人が集まる立地条件のところに物件があることが確認できれば、それで問題はないです。管理や運用は全て愛和に任せて、空室ができたらメールなどで連絡をもらって、入居者を募集してもらっています。自分ではほとんど何もやっていません。投資は、信頼できる会社や人と一緒にやるのが一番重要ですね。

今後は、あと1棟は絶対に欲しいです。年収も順調に上がっているので、2~3年後には購入できると思います。3棟目以降は、自分の収入と借入金額を見て、流れに乗って決めようと考えています。もっと早くやればよかったと、すごく思います。独身時代なら、お金も貯めやすいし、もっといろいろなことができたなと。

サラリーマンは長く続けようとは思っていません。サラリーマンを続けるとしても、今よりももっと自由な時間が作れる仕事に就いて、人生を楽しく謳歌したいです。そのためには、所有する不動産をもっと増やすなど、会社の給料以外の収入を増やさなければならないので、いつも新しい情報をリサーチしています。まずは、いつ会社を辞めてもいい状況を作って、最終的には自分で何かやりたいです。自分の視野も人生の選択肢も広がりました。

サラリーマンの閉塞感から脱却。育休取って家庭も円満

サラリーマンは、毎朝出勤する時間も決まっていて、ずっと働いて、帰ってきたら寝るだけ。なんとなくモヤモヤした閉塞感があります。それに比べて、投資家の人たちは視野が広くて、考え方がおもしろいんです。私はAさんのような人に出会って「こういう人たちと仲良くなって、仲間になりたい」と思いました。

でも、何もやっていなければ、その仲間にはなれません。だから、私が不動産投資を始める時、妻には「利益が出るというよりはトントン(プラスマイナスゼロ)かもしれない。それよりも、不動産投資をするような人たちと人脈をつくりたい。それだけでもメリットがある」と言いました。

実際に不動産投資を始めてから、自分の性格が変わりました。以前は、いろんな細かいところまで見て、厳しいことを言っていましたが、妻は「考え方がラフになった」と喜んでくれています。子どもたちと関わることも増えて、妻の両親からは「以前は堅物すぎて、子どもの教育に良くないと思っていたが、今はのびのびと子育てをしているから安心」とほめてもらっています。心に余裕ができたからだと思います。

不動産投資を始めた後、3人目の子どもが生まれたので、入社以来初めて約1か月半の育休を取得しました。普段は帰宅が夜遅くて、子どもたちと触れ合う時間があまりありません。以前は、会社との関係性や昇給への影響を懸念して、育休の取得は考えられなかったのですが、今は「仕事よりも子どもと触れ合う時間の方が大切」と思うようになりました。

人脈広がり、自分も周囲もハッピーに。会社でも評価アップ

さらに「自分ががんばればいいんでしょ。やればいいんでしょ」という考え方だったのが、「自分がハッピーでなければ、周囲もハッピーにはならないよね」と考えが変わりました。以前、仕事によるストレスで体調を崩したのは「会社を辞めたら、給料が下がってしまう。ここでがんばり続けるしかない」と思い込んでいたからです。今は不動産投資による収入があるので、「ちょっとぐらい給料が下がってもいいや」「たくさん残業してがんばらなくともいいや」という気持ちになり、ラクに仕事ができるようになりました。

その気持ちの変化が、会社の仕事にも良い影響を与えています。以前は、部下などにも厳しかったのですが、今は雑談もたくさんするようになったし、周囲との人間関係も良くなりました。このため、仕事の結果も良くなって、会社での評価が上がったんですよ。

会社にだけいると、飲みに行くのも社内の人と一緒なので、それ以外の人と接しようという気もなくなります。今は「世の中にはいろんな世界がある」ということがわかったので、不動産投資以外のセミナーなどにも積極的に行くようになり、おもしろい講師やおもしろい考え方の人たちに会うことが増え、人脈が広がりました。以前は、知らない人に会うのが苦手だったのですが、人見知りもなくなって、いろんな意味ですごくプラスになっています。

「このままでいいのか?」本気で変えたいなら、もっと視野を広く!

不動産投資に一歩踏み出すかどうかは、個人の考え方ですが、「今の自分の状況を、本当にツライと思うか」がきっかけになるんじゃないでしょうか。私は「このまま一生、サラリーマンなのかな。それはイヤだな…」と本気で思った時と、不動産投資という、自分にとっては新しい情報がマッチしたタイミングがとても良かったので、今があります。もし、この出会いが数年前でも数年後でも、ダメだったかもしれないです。

私が勤務する会社の人たちは、なんだかんだ文句を言いながらも、自分の生活に満足しています。だから、あえて生活を変えようとか、新しいことを調べようとはしないんです。30代はマイホームを購入する人が多いのですが、会社勤めをしていると、転勤することもあるので、マイホームを買ったのに自分や家族は住んでいない人も多いんですよ。周囲の人に「マイホームを買ってもメリットはないよ」という話をしても、誰も理解してくれませんが、マイホームよりも先に投資物件を買った方がいいと思います。

まずは、投資や不動産の話を毛嫌いせずに、経験者の話を聞いてみるべきですね。セミナーでもいいし、知り合いの話でもいいので、話を聞いてみて「自分には合わないな」と判断する人もいるでしょう。そういう判断を、自分から踏み込んでやってみること。自分から何かを変えよう、もっと視野を広く持とうとしてほしいですね。

CASE.05

Zオーナー

会社員/50代 物件:名古屋市
Zさまのご契約経緯
2014年12月頃初めて愛和本社に来社
2015年2月1棟目購入

(A銀行:自己資金650万円、借入6,800万円)

2016年2月2棟目購入

(B銀行:自己資金760万円、借入6,500万円)

2017年6月3棟目購入

(C銀行:自己資金650万円、借入7,800万円)

もっと見る

「サラリーマンでも不動産投資ができるの⁈」と目からウロコ
銀行選びから物件購入、管理まで全てお任せの安心感

沖縄県在住で、愛知県に愛和の物件を3棟所有しているオーナーZ様(女性・会社員・60代・年収960万円)。50代半ばで愛和と出会い、3年間で3棟と早いペースで物件を購入されたことについて、詳しく伺いました。

年金を試算したら「これはヤバい!」と50代から投資を学ぶ

私は50代半ばまで、投資のことは全く知りませんでした。でも、毎年来ている年金の通知を見て、どのくらいもらえるのかを試算したら、どんどん減っていて「これはヤバい」と思ったんです。預貯金も金利が低いので、短期間で老後の資金を貯えるのは難しいし、株や不動産投資をしなければと思うようになりました。

今までの自分は仕事が忙しくて、お金は貯まるけれど使う時間がなかった。だから、自分の時間がほしいというのも、投資をやってみようと思った理由です。会社を退職した後、自分が働かなくてもお金が入る仕組みがあれば、自分の時間ができる上に、お金の心配をしなくともいいですよね。

本を読んだり、知り合いから情報収集して調べているうちに、経済やお金のことを全般的に学ぶセミナーに出会いました。このセミナーに行ってみたのは、投資会社に対する信頼性を確認したいと思ったからです。話を聞いて、投資といってもいろいろあることを学びましたが、株や他の投資で利益を得るためには、それなりに勉強が必要だし、値動きを見て一喜一憂するのは自分には合わないと思いました。

「サラリーマンでも不動産投資ができるの⁈」と目からウロコ

2014年、このセミナーの中で日本の不動産投資について話してくれたのが阿部社長でした。不動産投資は、もともと担保を持っている経営者や資産家しかできないことと思っていましたし、その時のセミナー受講者も、ほとんどが経営者や資産家などで、サラリーマンは3人しかいませんでした。だから、阿部社長の話を聞いて「サラリーマンでも不動産投資ができるの⁈」と目からウロコでした。

私は不動産投資について詳しく知らなかったので、具体的なイメージができませんでした。お金がどのように回って、どうしてキャッシュフローができるのか、仕組みがわからなかったんです。阿部社長の講義を聞いて「ああ、そういうことなんだ」と納得できました。

そして、この時に初めて、銀行の融資が通りやすいのが公務員やサラリーマンだということを知ったんです。自分がサラリーマンであるという状況を有利に考えられるので「やってみよう」と思いました。あのセミナーで出会ったサラリーマンは、3人とも愛和で不動産オーナーになっています。みんな状況が似ているので、今でも融資のことなど情報交換していますよ。

阿部社長が「物件を売る人も、買う人も、借りる人も、みんながWin-Winの関係になる」と言っていたのも、すごくいいなと。物件を持つ人は売りたい物件を売れるし、買いたい人は投資をしてキャッシュフローができるし、融資をする銀行はお金を貸して利益が得られる。それに、部屋を借りる人は自分が希望する家賃で住みたいところに住めます。みんながつながってお金が回るというのがいいなと思いました。それに、最初は銀行などから融資を受けたりするので手続きは必要ですが、それ以外は愛和に任せておけばいいので、これなら私にもできると思いました。

銀行選びも書類作成も、愛和と一緒だからできた

2014年12月頃、初めて愛和本社へ行った時には、不動産投資をやってみようと決めていました。自己資金は、長年会社勤めをして貯めていたので、あとはどの銀行から融資を受けるかだけが問題でした。物件の場所は、自分の融資が通るところならどこでもいいとお願いして、その後は担当者とメールでやり取りしました。

融資をしてくれる銀行を自分で探すのは難しいですよね。愛和は、銀行ともいろんなお付き合いをしていて、どの銀行がどういう条件なら融資をしてくれるのかという情報も知っています。それに、融資を受けるのにはタイミングも重要です。銀行を選ぶ時も、銀行に提出する書類を作成する時も、愛和の担当者と一緒にできたので良かったです。自分ひとりではできなかったと思います。

最初は融資について「借入金額が大きいけど、大丈夫かな」と思いました。でも、家賃を回収して、その家賃から返済しても、キャッシュフローがプラスになります。収益分岐点があるので、収支を考えて、今後のことを判断すればいいと思いました。

私の場合は、キャッシュフローがきちんとプラスになって、良い結果が出ているので、2015年から毎年1棟増やし、現在は3棟所有しています。思ったよりも早いペースですが、これは銀行から借入ができたからです。私はサラリーマンとして長く勤務しているので、すぐにローンが組めたし、タイミングや運も良かったです。

今後は、最低でもあと1棟は欲しいですが、それ以上は経済の動きや人口減少の状況を見て決めたいです。不動産投資はみんながWin-Winの関係だし、お金の流れが緩やかな感じがします。そういう仕組みがきちんとしているから、棟数を増やしていけるんです。

土地の購入、建物の建築、物件の管理など全てお任せ

初めて物件を購入する時、最も不安だったのは「空室になった時に、次の入居者は見つかるのかな?」ということです。実際に、入居しても転勤などで退去する方はいます。でも、すぐに募集をかけて、入居者を見つけてもらっています。募集すればすぐに入居者が見つかるということは、立地条件が良いところに物件があるからです。愛和の物件は、いろいろなコンセプトに基づいて部屋づくりをしていて、自分も住みたいなと思うくらい。そういう部屋のデザインなどを見るのも楽しいですよ。

私は沖縄県在住で、物件は愛知県名古屋市なので離れてはいますが、信頼しているので全て愛和に任せています。土地の購入、建物の建築、その後のメンテナンスや家賃回収などの管理も全てお任せです。メールなどによる連絡もきちんとしているので、安心しています。

沖縄在住で沖縄に不動産物件を所有している人とも情報交換をしていますが、その方は自分の物件を自分で管理していて、不具合があれば自分で直すこともあると聞きました。私にはそんなことはできないし、沖縄では賃貸物件の家賃が安いので、キャッシュフローが入りにくいんです。そういう点でも、愛和にお任せして他県に物件を持つことができて良かったです。

もっと早くやりたかった!一番大事なのは「誰を選ぶか」

私は将来、「お金がないからやりたいことができない」というようになりたくなかったので、お金が回る仕組みをつくりたいと考えて、アクションを起こしました。これからは年金なんてあてにならないです。私の世代よりも若い人は、もっと年金が減るから、もっと大変ですよね。将来のお金は、自分でなんとかしなくてはなりません。結婚していてもしていなくとも、先立つものがないと、楽しく暮らせません。

会社からの給料以外にキャッシュフローがあるというのはとてもいいですよ。仕事をしないでお金が入ってくるということがわかると、安心しますよね。キャッシュフローが貯まれば、また次の物件を購入したり、他への投資もできる。たとえ少し失敗したとしても、余剰資金があれば安心できますから、冒険もできます。もっと早く不動産投資を始めておけばよかったと思います。もし、過去に戻れるなら、20代からコツコツやっておきたかったです。

一番大事なのは「誰を選ぶか」ですね。人気がある投資セミナーだからと行ってみたら、実際には「内容はちょっと…」ということもあります。自分の経験を正直に話していて、信用できる人や会社と一緒にやってみるのがいいのではないでしょうか。

阿部社長は、日本のバブル経済が崩壊した時の不況も乗り越えて、いろんな経験をしているので、しっかりした経営者なのだろうということも、話を聞いていてわかりました。バブルが崩壊した時期は、倒産した不動産会社もたくさんありましたが、それを乗り越えてきたわけですよね。そういう経験を経ているから、会社の土台がきちんとしているのだと思います。これから先、経済状況が悪くなるかもしれませんし、そういう時にどうするのかという、先を読む力がある人や会社にお任せしたいですよね。

若い人だけではなく、50代や60代でもあきらめずに行動を!

私は周囲にも「今から自己資金を貯めて、その資金で投資資産を買った方がいいよ」と話しています。そうすると、ムダ遣いもしなくなると思うんです。20代の頃には、他にやりたいこともあるでしょうから、結婚前などに「自分で家庭を築いて、将来をどうするのか」と考える時が、不動産投資を始めるタイミングとしては良いのかもしれません。結婚のことを考えると、マイホームが欲しくなると思うのですが、不動産投資を先にして、投資で増えたお金で住宅ローンを支払えばいいのではないでしょうか。

若い人だけではなく、50代や60代でもあきらめずに行動してほしい。「興味があっても一歩を踏み出せない」「不動産投資は金額が大きいから、ちょっと怖い」という人は多いと思います。そういう人が不安を払しょくするには、自分で勉強したり、セミナーを受けて講師に質問したりして、アクションを起こした方がいいです。まずは、「自分が本当は何をしたいのか?」を書き出すのもいいですね。お金が欲しいとか、安定した収入が欲しいとか、株などによるワクワク感が欲しいとか、いろいろあると思うんです。

一度、自分で投資セミナーを受けに行くと、「あの会社ではこう言っていたけれど…」という基準のようなものができるので、比較ができるようになります。どんなに良いことを言っていても「融資をしてくれる銀行は自分で探してください」という会社もあるんですよ。それにセミナーを受けに行くと、会場にはいろんな人が来るので、いろいろな体験談を聞くこともできます。そういう情報収集もプラスになりますよ。

ページトップ