株式会社 愛和

投資・建築エリアAREA

投資・建築エリア
Fukuoka

福岡

福岡は公共交通機関が発達しており、
空港から繁華街まで地下鉄を利用し、
10分ほどで移動することが可能です。

また、福岡市の中心街である天神の再開発である天神ビックバンも実行中であり、福岡アジア都市研究所は
2025年に福岡市の雇用者数が今の約2.4倍になると推定しています。
イギリス発のグローバル情報マガジン『MONOCLE(モノクル)』の住みやすい都市ランキング
(2016年版)においては世界で7位を獲得するなど、都市としての魅力が高いことも大きな特徴の1つです。
都市としての魅力や、交通機関の利便性や積極的な経済施策により、全国的には人口減少しているにも関わらず福岡の人口増加数は政令都市中1位、増加率は平均のなんと5倍となっており、今後も入居者の確保が期待していけるエリアです。


福岡での不動産投資・アパート経営の詳細はこちら
Nagoya

名古屋

トヨタに代表される自動車産業が主力で、
製造品出荷額は38年連続全国1位で、
2位の神奈川県の2.47倍と大きく差をつけています。

自動車産業だけでなく、航空宇宙産業、ロボット産業などの製造業にも力を入れており、
特に愛知県のロボット製造出荷額は、全国の4分の1を占めています。
2020年には日本初のロボット国際大会「ワールドロボットサミット」が開催される予定です。
市をあげて最先端のものづくりの後押しをしているため、今後も産業都市としての活躍を期待できます。

人口増加率も愛知県としては全国で3位、名古屋市としては政令都市中4位となっており、
人口は増加傾向であり、アパート経営に適しているエリアです。


名古屋での不動産投資・アパート経営の詳細はこちら
Tokyo

首都圏

首都圏への人口集中は続く傾向にあり、
尚且つ単身者も多いので、アパート経営に適しています。

東京都の人口増加率は全国1位で0.53%。首都圏に人が集まる流れは続く傾向にあります。
2020年には東京オリンピックの開催が決定されていますが
みずほ総合研究所によると、その経済効果は約28.9~36兆円です。
また、オリンピック後も都内の各エリアで再開発が予定されており、
今後ますます発展していくことが期待できます。

また、都市戦略研究所が発表する「世界の都市総合力ランキング2016」では東京が
「経済」「研究・開発」「文化・交流」の分野でトップ5入りを果たしており、
総合的に見てもロンドン、ニューヨークに次ぐ第3位となっています。

愛和は中長期的に収益性の見込めるエリアを絞り、そのエリアの中でも、駅からの近さや、利便性の高い場所を選び、アパート建築を行っています。
物件のご紹介希望・アパート経営についてご相談のある方はお問い合わせ下さい。
ページトップ