株式会社 愛和

  • 投資効率や収益性を高める為の提案力。
  • 長年培ってきた、アパート経営に必要な専門の知識やノウハウ。
  • 立地の選定、管理体制の充実、耐久性のある設計、設備が、収益性を実現します。

詳しくみる

少額の資金で始める不動産投資・アパート経営は要検討?!

不動産投資・アパート経営の資金(頭金)について


不動産投資・アパート経営の資金(頭金)について イメージ画像

少額の資金で始める不動産投資・アパート経営は要検討が必要です

「少額でも不動産投資はすることができます!」という広告を不動産投資やアパート経営に興味をお持ちの方であれば目にしたことはあるかと思います。

また、「頭金ゼロ」からでもアパート経営で成功することができるということも聞いたことがあるかもしれません。実際に、頭金なしでもフルローンで融資を受けることによって不動産投資をすることが可能になります。ローン審査は厳しいですが、必要な資金を借入で補うことによって少額または頭金ゼロからでも不動産投資をすることができるのです。

ではこの少額の投資で不動産投資を始めることにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、また少額不動産投資ではどのような点に注意すれば良いのか見ていきましょう。

 

少額投資のメリットとは?

まず、資産家の方でなくても不動産投資をすることができます。

少額の投資から初めて実戦経験からノウハウを学び、少しずつ規模を拡大していくことができることも大きなメリットです。多額の投資を行うと、損失が出てしまった際はその金額も大きくなってしまう恐れがあります。しかし少額投資であれば損失が出てしまった際も少額に抑えられるため、投資を学びながら始めたいという初心者の方に向いているでしょう。

 

少額投資のデメリットとは何なのか?

少額の投資でうまくいく方もいらっしゃいますが、もちろん失敗になってしまうケースもありえます。

キャッシュフローが出にくい構造になってしまっているケースです。

(不動産投資におけるキャッシュフローというのは家賃収入と支出の差のことを表しています。)

資産家でもない限り、不動産投資を行うほとんどの方が金融機関から融資を受けます。その後、毎月の家賃収入からローン返済を行うのですが、不動産投資には様々な経費もかかってきます。ですから、

家賃収入<ローン返済額+諸経費

となってしまうと手元にキャッシュが得られるどころか赤字となってしまいます。

少額投資の場合はローン返済額が大きくなるため、特に注意が必要と言えます。

 

 

少額か否かよりもシュミレーションを行い キャッシュフロー等をしっかり考える

不動産投資を行う際は、「キャッシュフロー」を注意深く見ることをお勧めします。

ではなぜキャッシュフローを見ることは重要なのでしょうか?

一つ目の理由としては、年あたりの想定利益やローン返済計画が明らかになり長期的な投資プランを立てやすくなります。

利回りは大まかな利益について示すと思われがちですが、空室リスクや長期的な家賃変動について考えた場合、必ずしも利回り通りの利益が得られるとは限りません。そのため、物件と投資計画をより正確に評価するためにキャッシュフローの計算を行うことをお勧めします。

二つ目の理由は、キャッシュが手元にあれば物件の修繕やリフォームなどいざという時の選択肢を作ることができるという点です。

また、単に月々のローン返済額を下げればキャッシュフローは増えるのでは?

と考える方もいるかもしれません。

金融機関で融資を受けるにあたって、借入期間を長期にすればするほど毎月の返済額は比例して少なくなります。すると、家賃収入に対する返済額の割合が低くなるため、得られるキャッシュフローを多くすることができます。もちろん短期の返済と比較するとトータルの返済額というのは多くなります。なぜなら返済期間が長くなればなるほど金利が元の返済額に上乗せされるからです。しかし、キャッシュフローを重視し、より長期の借入を選ぶことをお勧めします。途中で手元のキャッシュの額に余裕が出れば繰上げ返済を行うことや投資規模の拡大を検討するなど選択肢を多く持つことも可能です。

 

このようにしっかりキャッシュフローについて事前にシミュレーションを行うなど、資産運用・資産形成の計画を中、長期的に持っておくことが成功への鍵となるでしょう。

 

 

まとめ

今回は不動産投資・アパート経営をする少額投資でするとはどういうことなのか、またアパート経営以外少額投資法についてどんな方法があるのかということについて説明しました。

手元の資金(頭金)が少ない状態での不動産投資の場合のメリット・デメリットがあることを認識していただけたかと思います。

少額で不動産投資ができるというとお手軽に行えるのかと思いがちだと思います。ですが頭金ゼロであることや少額が良い悪いという判断をすることではなく、投資の組み立てを行った際のキャッシュフローなどで安定した収益が得られるかということを見て判断することが大事だと言えるでしょう。

 

愛和では、お客様の「投資の目的」に応じて、多角的な視点から検討を行い、最適なプランニングを行うことを強みとしています。

愛和のアパート経営にご興味のある方は、「個別相談」よりお問い合わせ下さい。

アパート経営を行っている人の声を聞く

愛和がお客様のプランニングを行った事例を見る

ページトップ