株式会社 愛和

  • 投資効率や収益性を高める為の提案力。
  • 長年培ってきた、アパート経営に必要な専門の知識やノウハウ。
  • 立地の選定、管理体制の充実、耐久性のある設計、設備が、収益性を実現します。

詳しくみる

家賃収入や利回りと同じくらい重要な、不動産投資・アパート経営の保険全般についての基礎知識

不動産投資・アパート経営の保険全般について


不動産投資・アパート経営の保険 イメージ

不動産投資・アパート経営で加入を検討すべき保険の基礎知識

不動産投資・アパート経営を考える際に、投資による家賃収入、物件の利回り、得られる資産等の部分に目が行きがちですが、リスクの対策を考えるという守りの部分も重要になってきます。
リスクの対策方法や考え方は様々ですが、どのオーナー様も共通して「保険」をリスク対策のツールとして検討されるケースが多い印象です。

不動産投資・アパート経営をしていく過程では、事業計画を描き、資金や融資についての計画を立てることや、家賃収入を得ること、資産を形成していくことに注意が向きますが、保険について知識として知ることも重要です。

今回は、不動産投資・アパート経営のリスク対策として利用される各保険についての基礎知識を説明していきます。

不動産投資・アパート経営における保険の役割

不動産投資・アパート経営は家賃収入を得ることや、資産形成を行うことができるメリットがありますが、一方で購入した物件は所有していることによって様々なリスクが発生する可能性があります。

所有している物件が火災になることや、自然災害で物件が破損すること、又は破損した物件が誰かに損害を与えること等の不測の事態が起きたときに、対策をとっていなければオーナー様が損害額を支払うことになってしまう可能性があります。
少ない金額であればよいですが、何十万、何百万という金額が一度に出て行ってしまう事態になると困る方が多いと思います。
そのような不測の損害に備えるために各種の保険を活用します。

 

不動産投資・アパート経営における保険のメリットとデメリット

不動産投資・アパート経営における保険のメリットは、不測の損害に対する補償です。物件を所有することにより、物件に損害が出るケースや、物件が原因で第三者に損害を与えてしまうケース、また銀行・金融機関からの借入を行っている方が死亡する等の万が一のことが起きるケースなど、何も対策を取っていなければ、非常に大きな金額をオーナー様が支払う可能性があります。

保険に加入していることによって、このような万が一の事態に備えることができます。

また、火災保険、地震保険、その他損害保険は経費として扱うことができます。
不測の損害に対するリスク対策を経費で行うことが可能なので、リスク対策をして節税をすることができていると考えることもできます。

デメリットとしては、保険料がコストとしてかかってくることが挙げられます。

基本的に補償の範囲を広げると、それに比例して保険料のコストも上がっていきます。
収入と支出のバランスや保険で対策するリスクの範囲をどこまでにするか、加入までに決めておく必要があります。

不動産投資・アパート経営で代表的な保険は「団体信用生命保険」「火災保険」「地震保険」の3つです。

マンションや住宅をお持ちの方は購入する際に保険について知ることもあったかもしれません。

しかし、自分が住むケースと賃貸住宅として所有するケースでは部分的に違う事があります。
投資における各保険の基礎知識を紹介してきます。

団体信用生命保険

団体信用生命保険は銀行・金融機関で融資を受けた(ローンを組んだ)方が万が一死亡することや、重い障害を負った場合、債務を保険によって支払うことができるものです。

例として、ご家族をお持ちの方が、家賃収入を年間120万円得ることが出来るアパートを自己資金+8000万円のローンを組んで購入したとします。

その方が交通事故で死亡してしまった場合、団体信用生命保険によって8000万円の債務が支払われます。

残されたご家族には年間の家賃収入と建物+土地が資産として相続されます。

残されたご家族に家賃収入や資産は引き継がれますが、ローンを支払う責任は引き継がれません。

オーナー様の中には生命保険を解約して、不動産投資・アパート経営に一本化する方も過去にいらっしゃいました。
しかし、相続税やその他に注意しておく点もあります。

不動産投資・アパート経営の団体信用生命保険についての詳細はこちらをご確認下さい

火災保険

火災保険は、所有している物件に火災の被害が発生した際に補償をしてくれる保険です。
名前から火災による被害のみを補償するイメージが強いのですが、火災だけでない落雷や水災・豪雨・竜巻による損害もカバーしてくれる守備範囲の広い保険です。
火災保険については、特約をオプションで付けることで、より補償の範囲を広げることができますが、広げた分コストがかかるので、どのリスクまでカバーするかを考える必要のある保険と言えそうです。

不動産投資・アパート経営の火災保険についての詳細はこちらをご確認下さい

地震保険

地震保険は、地震や津波等による損害に備えることができる保険です。

地震保険は単体で入ることができない保険で、火災保険に入っている必要があります。

また、火災保険と混同されることが多いのですが、地震が原因で発生した火事は火災保険での補償範囲ではありません。

所有している物件の耐震性も大事ですが、気になる場合は、地震によって起きる事態や損害額を一度考えてみて入るか判断してみるといいと思います。
不動産投資・アパート経営の地震保険についての詳細はこちらをご確認下さい

 

その他

通常の火災保険の補償の範囲に特約として補償を追加することも可能です。代表的な特約を3つほど紹介します
保険は時代のニーズによって変化していくので、特約として補償の範囲を増やすことや、新たな保険が誕生することも可能性としてはあります。

家賃収入特約

所有している建物に火災などの事故が発生し、損害を受けた結果発生する、家賃収入の損失を契約時に定めた期間を限度に補償してくれる特約です。

家主費用特約

所有している建物内で死亡事故が発生し、死亡事故から一定期間経過後に空室になった部屋の空室期間の家賃収入や、空室期間の短縮のために家賃を値引きしたことによる値引き期間の家賃損失を補償してくれる特約です。
また、修復、清掃、脱臭費用等の現状回復のための費用等も一定額を限度に補償されます。

【賃貸建物所有者賠償特約】

保険の対象となる建物の所有・使用・管理等を原因とする、偶然な事故により他人に損害を与える等の事態が発生し、損害賠償の責任が生じた場合に1回の事故につき特約保険金額を限度に補償します。

例として、建物の劣化によって第三者に被害が起きてしまった場合等に有効です。

まとめ

不動産投資・アパート経営における保険の基礎知識を説明してきました。
団体信用生命保険、火災保険、地震保険、その他の保険とありますが、それぞれ役割があり、対応しているリスクも補償の範囲も違います。

それぞれの保険について、知識として知っておくことや、どういったリスクを保険でカバーしていくか自身の投資スタンスを明確にしていくことが重要です。
また、保険は組み合わせ方や、補償の範囲を変える等の投資の方針に合わせて調整を行えます。
その部分をどう考えていくかも、投資のパートナーに相談して納得のいく状態をつくり、保険に入るか判断していきましょう。
愛和では、お客様の「投資の目的」に応じて、多角的な視点から検討を行い、最適なプランニングを行うことを強みとしています。

愛和のアパート経営にご興味のある方は、「個別相談」よりお問い合わせ下さい。

アパート経営を行っている人の声を聞く

愛和がお客様のプランニングを行った事例を見る

ページトップ